三重県の建築家と創る新築一戸建てマイホーム R+house津店
 リアンハウス [株式会社高正工務店] TEL:059-229-7200

一流の建築家が設計する、ハイグレード・高性能な注文住宅を手の届く価格で。
注文住宅の常識を覆す革新的なシステムで大幅なコストダウンを可能にしたR+houseの秘密がここに!
R+house津 リアンハウス
株式会社高正工務店

〒514-0027
三重県津市大門1-32
リアンビル2F
TEL:059-229-7200
FAX:059-229-7245
E-Mail:info@lien-house.com

[営業時間]
年中無休 9:00-20:00



地盤改良工事
HySPEED天然砕石パイル工法


「ガイアの夜明け」「ZIP」等で放映されたHySPEED工法をいち早く標準採用。
東日本大震災において、液状化を免れた東京ディズニーランド。そのサンドコンパクション工法を一般住宅用に開発し、R+houseでは標準採用としました。お施主様の「健康」と「財産」を守ります。




HySPEED工法[ハイスピード工法]の特長
 自然砕石のみを用い、さらに品質管理体制を徹底することで、従来のセメントを利用した柱状改良工法で問題となっていた「環境汚染問題」「資産目減り問題」「品質不良問題」を解決しました。

HySPEED工法[ハイスピード工法]の特長

□天然砕石のみを使用する為、埋設物(産業廃棄物)扱いにならない
□セメント工法で懸念される有害物質「六価クロム」等の発生リスクがない
液状化軽減効果が実証されている
□CO2 削減効果も住宅業界で受け入れられている要因のひとつ
□リユース、リサイクルが可能
□地盤改良業界では稀な施工後の品質試験を全棟実施




基礎工事
基礎断熱タイト・モールド工法



継ぎ目のない安定した強い基礎
 ある現場で施主様の間取りの変更があったのか?基礎を解体している現場に出くわしました。
従来の土台コンクリートを打ち、別の日に立ち上がりコンクリートを打つ基礎工法だったので、その立ち上がり部分と土台の部分があまりにもキレイにはがれるように解体されていく姿に驚きました。コンクリートってくっつくようで、くっつかないのですね。
その瞬間に「タイト・モールド工法」を標準採用することを決断しました。
 タイトモールド工法は「一体打ち」、浮かし型枠で耐圧盤と立ち上がりコンクリートを同時に施工するため、継ぎ目のない、強度的にきわめて安定した基礎をつくることができるのです。



心配なアンカーボルトも一直線
 従来の基礎工事で問題になっているアンカーボルトの設置不良問題。大引きと呼ばれる住宅と基礎を繋ぐためのアンカーボルトを一直線に揃えることが非常に難しく、台直しというボルトを曲げる作業を行ってきました。この台直しが30mmあると、引っ張り強度が25パーセントに低下するそうです(新建ハウジングによる)。
タイトモールド工法では、アンカーボルトの倒れや沈みがなく、土台を傷つけることもなく、簡単に土台据えができます。




基礎内外断熱により、冷気をシャットアウト



 基礎の外側で断熱すると、冷気がコンクリートを伝わらず、床下が冷気の影響を受けないため、足元が暖かくなります。さらに地熱を利用できるため、ただでさえ冷たさを感じにくいR+house標準の無垢フローリングの特性をさらに高め、温度差の少ない快適な省エネ住宅になるのです。









リアンハウス 株式会社高正工務店 〒514-0027 三重県津市大門1-32 TEL 059-229-7200 FAX 059-229-7245
■松阪本社 〒515-0045 三重県松阪市駅部田町123-3 エクセレントビル2F  TEL 0598-31-3333 FAX 0598-22-0788
■中南勢店 〒519-2189 三重県多気郡多気町津留501 TEL 0598-38-2593 FAX 0598-38-4126
■紀州店 〒642-0017 和歌山県海南市南赤坂11番地 和歌山リサーチラボ TEL 073-497-5454
Produced By きのくにITサポート